python でできること7選 ②Iot編 例8種

未分類

pythonでできることでIotがあります。

pythonでできることで有名な二大巨頭といえばやはりAIとIotではないでしょうか?

IotとはInternet of Thinsの略でモノのインターネットといわれていますね。

インターネットに接続できたり通信機能を持ったものであればすべてがIotなのでIotじゃこの世界にあふれています。

なぜIotはpythoなのか

そもそもなぜIotでpythonがよくつかわれているのでしょうかその理由はあります

1つ目はMicro pythonというプログラムが用意されており温度や画像処理、スピード、振動、圧力、GPSなど様々なモノをはかるセンサーを利用して解析し動くことができます。

これができることによって現実の様々なことを数値として表せるのでプログラムでも動くことができるので利用されています。

データ解析することにより無駄をなくすことができ行動するまでのスピードがアップするのです。

なのでデータ解析ができセンサとの相性もぴったりのpythonがIotの技術にとてもあっているのです。

IoTの技術が使わりているもの

Suica と自動販売機

SuicaはJR東日本で使われているICカードです。

誰でも知っていますよね

これにもIotの技術が使われています。

それは自動販売機です。

Suicaの電子マネーで対応している自動販売機ではかざすだけで商品が購入できます。

今は対応している自動販売機が少ないかもしれませんが10年後にはすべての自動販売機が電子マネー対応になるかもしれませんね。

自動車 スマホ

自動車に今はカーナビを使っていましたが最近はスマホがあれば音楽も聴けるし道案内もしてくれます。

さらに将来では自動運転をする耐えに走る、回る、止まる、画像認識など様々な機能の付いた車だけが将来は知っているかもしれませんね。

現状日本最強の自動車会社のトヨタもpythonで自動運転の自動車も開発されてきています。

将来免許の必要の車が来てくれることを楽しみにしています。

交通機関

移動手段として電車やバスを利用している人は多いのではないでしょうか。

しかし遅延があったり次ここまで来るのにどれだけ時間がかかるかを知ることができたら便利ですよね。

これによりリアルタイムでどこを走っているのかを知ることのできるGPSをスマホで確認できるようになってきています

医療分野とIoT

いまIoTの中でも医療に関するものが注目を浴びています。

着用型ウェアラブルデバイスア活躍しています。これは患者の健康状態を記録して悪化したときにアラートで意思に知らせてくれる機能です。

これができることによって突然意識がなくなってもすぐに医師に知らせることができるのでリスクが減りますし効率的に予防と治療ができるようになるのです。

アメリカの大手医療機器メーカーも自立通信機能を持った心臓ペースメーカーを開発し患者の生体データを収集することによって患者の状態を正確にリアルタイムで知ることができるので医療の膝下に貢献しています。

農業

私たちのイメージとして最新技術のIoTとは反対のイメージを持つ農業にもIotの技術が使われています。

日本の農業の規模は小さいのであまり見ませんがアメリカなどの莫大な土地を使って作っている農家はもの巣おい恩恵を受けているのです。

水やりやひりょうをあげたり土地を耕して収穫するなどたくさんの作業を自動化することによって人件費を削りデータとしての管理もとてもしやすく気温などのその日の状態に合った最適な水の量などを自動で上げることができるのです。

これにより日本でも問題になっている農業をする人の減少も解決していきます。

将来の農業は今までしているものと全く違うものになるでしょう。

スポーツ

スポーツの特に球技で面白い技術があります。

それはボールにセンサーを入れてボールの急速、球種だけでなく回転数や傾きボールの投げる前からのすべての起動など様々なことがわかるようになります。

これによって疲れてきたりフォームのおかしいところをデータとしてみることができます。

将来コーチなどもAIが担ってくるのかもしれません、、

家電

家電とIotの組み合わせはよくありますよね。

例えば洗濯機、朝脱いだものを洗濯機に入れて仕事場でスマホでボタンを押したら家で勝手に洗ってくれる機能があります。

防犯カメラも家にいなくてもスマホの画面一つで見ることもできるし話して宅配物も離れたところから受け取ることだってできます。

エアコンも帰宅したときにエアコンを入れておいて帰ってきたらあったかい状態になっているなどができます。

お寿司

くら寿司で導入されているIoT技術です。

お皿にICチップがついており長時間回ったお寿司を自動的に除去してくれる仕組みになっています。

今まで人が見ていましたがあ忙しい時間などはあまりそちらに時間を使えなかったので効率の良い作業になりますよね。

IoTの将来

IoTの技術が将来的にはどうなっていくかを紹介していきます。

自動車

将来の自動車は本当に何も見ないで目的地を設定するだけで自動で運転してくれるでしょう。

それにより自動車教習所が消えて免許がなくなります。

さらにガソリンから電気自動車だらけになるでしょう。

すべての自動車の位置を把握できるので予想できない渋滞ですら予測できるので最速で目的地に着くようになり自ら道を変更するので渋滞もほとんどなくなるでしょう。

駐車場も今ではぐるぐる回って探していますが将来は最寄りの空いている場所に自動で止めてくれるようになるので無駄な時間も減りますね。

夜に外灯がずっと光っているけど将来は車が近くにいるときだけ光ってそれ以外ときは明かりが消えて節電にもなります。

買い物

将来は自分の良く買うものなどを覚えてお貴方のおすすめの商品ですと近くに行けば知ることができるでしょう。

さらに商品にはICチップが埋め込まれて泥棒することができなくなり防犯面に優れることでしょう。

支払いも欲しいものをかごに入れて店を出るだけで自動でお支払いをしてくれるようになるでしょう。

買った商品も持ち帰らず家に帰ったらアマゾンのように送られてくるようになり荷物を気にせず買い物ができるでしょう。

まとめ

将来IoTがどんどん進化するにつれてSFのような世界になっていくでしょう。

それにより様々な仕事がなくなりそれの代わりとなるものがどんどん出てくるでしょう。

その時必要なものがプログラミング言語とくにpythonだと思います。

今勉強することは将来にとってとてもいいことになっります。

ぜひみんなで勉強していきましょう。

こんなにも楽しく興奮する世界を作る一人になれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました